鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校
学校法人 鈴鹿文化学園
鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校

〒514-0826 

三重県鈴鹿市住吉2丁目24-9

TEL 059-370-0311
FAX 059-370-0312
高羽 美季   (津東高校出身)  就職先 三重大学医学部医学系研究科チーム
村田 知佐子 (皇学館高校出身)就職先 三重大学大学院医学系研究科・医学部
                            神経感覚医学講座

今回の体験入学は今年3月に医療秘書科を卒業した両名にお願いをしました。卒業生がSOCについて詳しく分かりやすく説明をしているところです。彼女達の話を文章にしてまとめてみました。最後にこの体験入学に参加した高校生の感想も掲載してあります、是非進路選択の参考にしてください。

 

それでは2年間のSOCでの勉強についてお話したいと思います。

 

 医療事務について、医療事務は会社で言う営業部門と同じです。病院の受付で行う「会計業務」、「保険請求事務」は厚生労働省が定めた全国の保険医療機関で共通の業務です。病院の利益を確保するための事務処理はすばやく正確にこなす専門的な知識や技術を学ぶ必要があります。また、事務能力を高める為に利用するワード、エクセルさらには、介護保険事務、調剤事務についても学びます。

 

 ビジネスマナーについて、病院はサービス業の分野に属しています。おもてなしの心(ホスピタルマインド)を基礎から学びます。患者様が安心して医療を受けることが出来るおもてなしを勉強します。今では知らなかった社会人としての常識など日常生活にもとても役だっています。

 

    医療事務コンピュータの授業では、実際のカルテを使って勉強します。手書きのレセプト(医療費の請求書)が出来るようになれば、後はコンピュータの操作方法を覚えれば自動的に機械が計算してくれます。医療事務と医事コンピュータの授業は常にリンクしており理解しやすいカリキュラムになっています。

 

    基礎医学Ⅰでは解剖生理・病理学・薬理学を学びます、この授業を通して色々な「病気」について知ることが出来ます。体の仕組み、働きなど人体の神秘にふれることができます。また、病気のメカニズム、薬物の人体に及ぼす作用などを知る事によって自分の健康管理病気予防にも役だっています。

 

    基礎医学Ⅱでは検査・医療用語について学びます、自分がいままで受けてきた検査やTVドラマなどの場面を思い浮かべながらいつも聞いていました。先進医療には欠かすことの出来ない検査、どんな検査でどんな病気が発見されるのか、検査と病気の関係を学びます。また、院内は色々な専門用語(患者さんに分からないようにするための隠語)が使われています。カルテの内容、医師との会話の中にも使われ、正確に理解しないと意志の疎通が出来ません。コミニュケーターとしては失格です。

 

    基礎医学Ⅲでは基礎看護学について学びます、外来クラークとして知らなければならない基礎的な看護技術と今年の4月から医療秘書の仕事として新たに認められた「医師事務作業補助」の仕事内容を勉強します。また、医師の補助として電子カルテへ診療内容の入力も行うことができます。

 

    病院実務実習について、病院見学というアプローチから始まります。見学=実習=就職という流れを自分の物にすれば最高です。1人二ヶ月間で二箇所から、多い子では四箇所の医療機関に実習に行きます。クリニック、総合病院、調剤薬局などです。SOCの実習協力機関は個人の開業医から、総合病院まで三重県下に130施設あります。これは今までの就職実績とOB・OGを中心としたネットワークの力が築き上げたものです。その実習機関からも多くの内定者をだしているのもSOCの特色です。実習中の積極性、真剣に取り組む姿勢、知識は勿論、本校が高く評価されているのがマナーとコミニュケーション能力です。結果、実習先が就職先になることも数多くあります。

医療事務員全員がSOCの卒業生という医療機関も多くあります。

 

    検定取得について、専門学校は大学や短大と違い入学することや卒業することに目標がありません。入学後どんな資格を取得したかが社会的評価につながり、自己のスキルとなります。SOCでは検定の1週間前から特別に時間割の変更をし、授業後は毎日特別講義が実施されます。また、土曜日に至っては朝から夜まで一日中検定対策が行われます。卒業までには多い子では11個の資格を取得します。平均5~6個ぐらいの資格を得る事が出来ます。検定合格の最短距離は学校を一日も休まないことです。毎年クラスの8割以上の子が皆出席です。また、検定に合格すると学校から図書券がもらえます。

 

    学校行事について、中学、高校と学校行事が苦手な私でもこの学校の行事は全部楽しかったです。BBQ・調理実習・ミュージカル観劇・クラス一丸で頑張った球技大会・ハワイへの卒業旅行など忘れることの出来ない思い出がたくさん出来ました。

 

 最後に先生方について、正直いままでお話しした学校生活すべてに、たくさんの苦労と多くの楽しい思い出があります。SOCでの学校生活は一生忘れることが出来ません。いつでも、どんな時でも、ふと気がつけば隣で私達を支え見守ってくれている先生方がいたことです。今までの学校生活の中でこんなに先生を身近に感じたことはありません。先生は友達ではなく、教え導く人が先生であることをこの学校に入学して知ることができました。

 



体験入学会に参加して★

内田 智子(白子高校3年生)

 私は今回で5回目の参加となります。参加回数をおうごとに医療秘書の仕事に興味がわいてきて楽しいです。この前の医療事務コンピュータ体験も分かりやすかったのですが、今回の卒業生の方の話には大変興味を持ちました。入学したら一つでも多くの資格を取りたいと思います。



Copyright © 2009 SOC All Rights Reserved