鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校
学校法人 鈴鹿文化学園
鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校

〒519-0826 

三重県鈴鹿市住吉2丁目24-9

TEL 059-370-0311
FAX 059-370-0312

1215日、介護福祉科の就職内定者の生の声を紹介します!

みんなの喜びのコメントを紹介しま~す★

私は初めてお世話になった実習先の施設に内定が決まりました。就職のお話をいただいた時はとても嬉しかったです。現在はその施設でアルバイトをさせていただいています。就職するまでに利用者さん一人一人への対応や介助方法を身につけ、即戦力となれるよう努力したいと思います。
                                  
(金子 真里亜)


無事内定をいただきました!4月からは新しい環境に変わるという事で不安もたくさんありますが、残り少ない学校生活でもっともっと知識や技術を身につけたいと思います。実技の授業では私が左手を痛めていた時、左手にあまり負担のかからない介助の方法を教えていただきました。学生一人ひとりの体格や必要な状態に合わせて、こまやかな指導をしていただけるのもこの学校ならではだと思います。最終段階の実習では、特に移乗の介護でとても役立ちました。社会に出れば時には辛いこともあると思いますが、いつも笑顔をたやさず頑張りたいと思います。                      
                                      (津川 彩乃)

私は奨学金制度を利用していたので入学時からすでに就職先が決まっていましたが、その分「頑張って最後までやり遂げるしかない」というプレッシャーもありました(笑)それでも実習や授業を頑張って乗り越えた今、改めて就職が出来たということに喜びを感じます。就職するという事は、今までにない責任を担うという事になると思います。この学校では介護技術の授業でどのような工夫をしたら安全な介助が出来るのかを考えたり、コミュニケーション技術の授業で人との関わり方や、自分を出していく事の大切さを学べました。就職先では、学んだことを活かしてたくさんの人の役に立てる介護福祉士として頑張っていきたいと思います。
                                       (伊藤 歩美)


クラスで一番最後に就職が決まったので、喜びはクラスで一番です(笑)色々失敗した事もありましたが、最後の最後まであきらめないでよかったです。周りの人たちに感謝しつつ、これからも頑張りたいと思います。授業では雑談の中にも、人生の先輩である先生の体験談も聞けました。人生は色々ありますが、先人が通った道であり、人の道です。「苦難は人を玉にする」。このひとことを胸に仕事を頑張りたいと思います。  (寺前 義貴)


奨学金制度を利用していたので、就職は決まっており安心して二年間を過ごすことができました。実習先の施設や求人票を見ていると、「ここも受けてみたいな」という気持ちが全くなかったわけではありませんが、自分の目標と行き先がはっきりしていたからこそ、ここまで頑張れたのかなと思います。就職先では自分が学校で教わった事を精一杯出して、利用者様から頼っていただける介護福祉士になりたいと思います。利用者様の立場に立って物事を考える事ができ、明るくあたたかみのある笑顔を引き出せるようになりたいです。  
                                    
(澁谷 美紀)


就職先を迷っていた時、卒業生の先輩方が学校に遊びに来て、色々相談にのって下さいました。現場で働いている先輩達の話はとても参考になり、じっくり考えた末自分に合った施設に内定をいただく事ができました。就職指導の授業で小論文や面接の練習をしっかりできたのも、自信を持って自分をアピールできたことにつながっていると思います。就職先では利用者さんや職員の方達との関わりを大切にし、多くの考え方や思いを知りたいと思います。そして様々な思いを受けとめられる余裕をもち、臨機応変な対応のできる介護福祉士になれるよう、人間活動に励みます。 
                                   
(高梨 光将)


就職面接に行くまでは緊張して、自分を出せるかとても心配でしたが、学校で何度も面接の指導をしていただいた事で、落ち着いて面接に臨めたと思います。就職したら、少しでも多くの利用者さんの笑顔が見られるように、一人ひとりの気持ちを考えていける介護福祉士になりたいと思います。
                                   (森田 千恵)


実習の時から「ここで就職したい」と思い続けていた施設の内定をいただけた時は本当に嬉しかったです。学校の授業では、実技で安全、安楽な身体の使い方を学べました。また医学の授業も利用者様の状態を把握するのにとても役立ちます。内定をいただいたからには、「この人に介護をまかせると安全だし、身体も楽だね」と利用者様に信頼していただけるような介護福祉士になれるよう、日々精進していきたいと思います。
                                     (片岡 史織)



★ 残りの学校生活も、みんなで頑張りたいと思います ★



Copyright © 2009 SOC All Rights Reserved