鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校
学校法人 鈴鹿文化学園
鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校

〒513-0826 

三重県鈴鹿市住吉2丁目24-9

TEL 059-370-0311
FAX 059-370-0312

 医療秘書科1年の31名を代表して私たちが近況報告をします。
 
 
 
 今回の№1は藤村さんアナタです。
 

★『最近の出来事』 藤村 亜美   (松阪商業高校出身)

今日の医療事務の時間は自習でした。皆、何人かがかたまって教え合っている様子です。「難しい」・「点数が合わない」など苦戦している声が飛びあっていました。私もその中の一人だったのですが「やめたいなー」とふと周りを見渡すと必死に薬価を見つめ電卓を叩く姿でいっぱいでした。その後は「遅れてはならないと」と再びやる気を出させてくれました。今日思ったことは周囲の環境の偉大さです。今日の昼休み、まだ授業が始まっていないのにカルテに取りかかっている人たちが数人いました。それを見た人が一人二人・・・と次々に始め、授業開始の13:20にはクラスの全員が自習をしていました。あきらめかけた時に、頑張っている人を見ると自然に頑張る気になる。そんな気がします。

 

 

★『専門教科の紹介です』 加藤 愛里香   (四日市農芸高校出身)

医療秘書科の専門教科は、医療事務はもちろん医療用語、医療法規などの授業のほか医学系の専門教科も勉強しています。聞きなれない単語も多くて大変ですが理解できた時の達成感はとても大きいです。

 

 ★『入学して苦労したこと』 伊東 美久   (白子高校出身)

やっぱり専門教科で1番苦労しました。初めて教わることは受け入れ難いですが、先生に何度も指導をうけ、友達と助けあって理解をしています。勉強は大変ですが、その分、得るものはたくさんあります。

 

★『クラスの雰囲気について』 大西 杏奈   (相可高校出身)

正直、入学当初は不安でいっぱいでした。でも、みんな気が合う子達が多く、教室はいつもにぎやかで、入学して2カ月と思えない程の仲良しさです。同じ目的をもった友達と遊びも勉強も楽しくやってます。

 

★『専門教科の内容』 羽津 未来    (菰野高校出身)

医療事務コンピュータの授業について紹介します。授業は専用のソフトを利用しPCを使ってカルテに記載されている診療内容を入力し医療費の計算をする授業です。この授業も実践的な授業の一つです。

 

★『今後の目標です』 磯田 佳奈    (津商業高校出身)

一つでも多くの資格を取りたいと思います。そしてクラスの友達との思い出づくりをし、楽しく充実した学校生活を送ることです。その為にも毎日元気に勉強し予習と復讐を頑張りかわいい医療秘書になります。

 

★『友達づくりについて』 松葉 カレン    (朝明高校出身) 

初めて挑む医療の授業で共に頑張ったり教え合ったりと、色々な人との交流が深まります。他にもBBQや球技大会など、勉強ばかりでなく楽しい行事もありクラスのみんなと親睦が深まります。学校生活が楽しいです。

 

★『学校生活について』 上野 菜月    (木本高校出身)

入学をして2カ月しかたってないけど、クラスの皆とはすぐ仲良くうちとけて授業などで分からない所は、皆で教え合っています。私は独り暮らしをしています。家事と勉強の両立は大変ですが充実した日々を過ごしています。

 

★『一番楽しいこと』 亀井 歩里   (水産高校出身)

学校生活で一番楽しいことは休み時間です。学校の近くにはコンビニや飲食店がなどであり、お昼の食事はそこを利用することもできます。友達と過ごす時間はとても充実していて楽しいので授業も頑張ることができます。

 

 ★『学校生活について』 本田 百花    (松阪商業高校出身)

学校に入学して2ヶ月ちょっと経ち勉強にも生活にも慣れてきました。新しい友達との出会い、様々なイベントは毎日が新鮮です。勉強は難しくてついて行くのに必死ですが、クラス全員が頑張っているので、私も頑張れます。

 

Copyright © 2009 SOC All Rights Reserved