鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校
学校法人 鈴鹿文化学園
鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校

〒513-0826 

三重県鈴鹿市住吉2丁目24-9

TEL 059-370-0311
FAX 059-370-0312

学校評価
自己評価

1 教育活動
 職業人としての知識・技能を身につけるための教育レベル・学習時間の確保を
 行い
業界関係者との連携による実践的な教育を行っている。

 講師に業界関係者をまねき実践的な教育・即戦力となる教育を行っている。


・関連分野における実践的な職業教育

   介護福祉科 カリキュラムにおける介護実習Ⅰ―1 Ⅰ―2 介護実習Ⅱ

   医療秘書科 病院実習・

・産学連携による職場体験・インターンシップ、実技、実習等が体系的に位置
 づけられ
ているか

   介護福祉士資格取得による必修科目として施設実習を1年次4回、2年次
   1回実施
している(


・職業教育等に対する外部関係者からの評価を取り入れているか

   施設実習終了時に各施設の登録指導者による評価をもとに総合的に判断、
   評価を
行っている

・資格試験に関する指導体制、カリキュラムの中での体系的な位置づけはあるか
   各学科の授業内容が資格試験取得に沿った内容となっている。
   また、資格取得のみならず実際の就職時に即戦力となる内容となっている。  校外施設実習を含む1800時間の確実な実施

   学生の理解を促進するための授業編成の実施

    1 校外実習の時期の設定

    2 実習時期にリンクさせた校内演習および座学の時期の設定
    3 適切な資格を持つ教員配置


・関連分野における先端的な知識・技能等を習得するための研修や教員の指導力
 育成など資質向上のための取り組みが行われているか

   介護福祉士養成施設協会教員研修会への参加と報告会の実施
   教員間の授業参加


・教育方法・評価等
   学科等のカリキュラムは体系的に編成されているか

   学則に基づき学務担当、学科長、教員で考慮の上編成されている

    

                入学者    卒業者
平成21年度 医療秘書科  24名    23名
       介護福祉科   9名     8名
  22年度 医療     38名    35名
       介護     24名    18名

  23年度 医療     31名    29名
       介護     14名    13名
  24年度 医療     31名    29名(平成26年3月卒業予定)

       介護     16名    11名(平成26年3月卒業予定)

2 学習成果  
  検定取得率の向上・検定取得者の増加・検定合格率の向上を図り学生の学習
  意欲の向
上を目指している。
  また、就職においても学生全員の希望先業界への就職を目指し学生個人との
  きめ細や
かな指導を行い1年生からの意識付けを行っている。

・就職率の向上が図られている
  
平成23年度 医療秘書科 100%
             介護福祉科 100%
   平成24年度 医療秘書科 100%
             介護福祉科 100%

・資格取得率の向上が図られている
  
平成23年度 医療秘書科 平均取得数8.9合格/1人 最大取得数 14合格
        介護福祉科      3.7合格/1人 最大取得数  5合格  平成24年度 医療秘書科 平均取得数8.9合格/1人 最大取得数 13合格
        介護福祉科       3合格/1人 最大取得数  4合格

3 学生支援

  生徒に対する経済的な支援体制

    遠方よりの学生にたいする学生指定寮の補助
  課外活動に対する支援体制
    クラブ活動など特別活動を支援している

・進路・就職に関する支援体制は整備されているか

   担任制による指導・相談窓口の一本化
  二年時での就職希望アンケートの実施(2回)

  定期個人面談の実施および状況に応じた面談の実施

  カリキュラム内での就職時間の確保

  面接試験対策(自己分析作業・実技指導)の実施

  実習指導、就職面接指導をしっかり行っている

  三者面談を行い、保護者との連携をとっている


4 教育環境
  授業環境についての取り組み
  出席処理に関しての公平な処理をしている

  授業環境(机の整頓、机上の飲食物、ごみの散乱など)を良くするよう
  指導している

  
学生一人ひとりのために授業を行っている
  学生の理解を助けるための工夫を行い、熱意を持って授業を行っている

  授業の最初に本日のテーマを分かりやすく説明している

  授業の要点を分かりやすく板書をしている

  演習、小テスト、宿題を適度に出して、学生の理解度を高める工夫をして
  いる
(

  学生に対して公平、平等に接している


5 学生の受け入れ募集
  学生募集の方針

  直接的な対話を重視して、本校を希望する者については進学相談会、体験
  授業、体験入学会等を活用し、本校の教育方針の説明に努め、質問などに
  は誠実に答えている。

・学生募集の計画性
  年間の募集計画(予算、広報計画等)に基づき募集活動を展開している。
  学校案内
パンフレットも年度4月には発刊しており、志願者に正確に最新
  の情報を提供して
いる。

・各科が目指す資格・検定試験
  学校案内パンフレットに記載されており、なおかつ各科の情報誌に在校生を
  含めた
具体的な実績、合格率などを周知している。あわせて合格者の声など
  も発信している。


・入学選考の考え方
  入学選考方法については、出願方法ごとに募集要項に記載している。AO
  入試に
ついては別紙で具体的な案内をしており、受験生のニーズを踏まえ
  て実施している。


・ホームページの活用
  学校の基本情報はもちろん、最新の学校ニュースをはじめ、各科の学校生活
  やイベ
ント体験入学の案内などもタイムリーに掲載している。入学に関する
  問い合わせ等
に適宜対応している。

6 社会貢献・地域貢献

・学校の教育資源や施設等を活用した社会貢献・地域貢献を行っているか

   ふれあい広場等の地域の福祉イベントに学校ブースとして参加し、血圧測定
  や介護
相談を行っている

・学生のボランティア活動を奨励しているか
   実習施設を中心にボランティア要請があった時は学生に周知、募集し施設と
  の連絡・
調整を行っている

 


Copyright © 2009 SOC All Rights Reserved