鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校
学校法人 鈴鹿文化学園
鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校

〒513-0826 

三重県鈴鹿市住吉2丁目24-9

TEL 059-370-0311
FAX 059-370-0312


■教育目標

医療機器の経営や運営だどをすべてにわたってサポートする総合的な事務職。医師のスケジュール管理や資料収集といった秘書業務はもちろん、患者受付や来客対応、医療保険請求や診療録管理など、さまざまな重要業務を任せられています。
医療秘書科では、医学や医療事務に関する幅広い知識と秘書としての高い資質を兼ね備え、医療機関で働くさまざまなスタッフをつなぐコミュニケーターとして活躍できるスペシャリストの育成を目指します。





























■教育目標
高齢者・障がい者といった、援助を必要とし
ている人が安心して暮らせる社会制度や地域の在り方、支援方法などを学ぶことができる新たなコースです。
学習内容も医療、介護、社会保障、地域福祉はもとより手話、点字、インターアウトなど実務中心なものになります。少子高齢化がますます進む今、医療・福祉に関係した職業は最もニーズの高い仕事です。『医療』・『地域』・『福祉』と異なる分野が有機的に結びつく、コラボレーションが次世代を
担ぐものとなります。


■カリキュラム


 【専門科目】

     (※は各コース共通科目)

  ●医療保険請求事務 ※
  ●調剤報酬請求事務 ※
  ●介護保険請求事務 ※
  ●医療事務コンピュータ ※
  ●医療関係法規 ※
  ●公費負担医療制度
  ●医療秘書
  ●社会福祉法規
  ●福祉用具の理解
  ●在宅介護(身体・家事)
  ●実務体験学習
  ●医療概論 ※
  ●解剖生理学 ※
  ●病理・薬理学 ※
  ●医療関連用語 ※
  ●看護概論 ※
  ●臨床検査学
  ●臨床医学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
  ●病院実務実習
  ●ボランティア論
  ●手話(Ⅰ)・点字(Ⅰ)
  ●コミュニケーション技法

 【基礎科目】

  ●ビジネスマナー ※
  ●医療情報学 
  ●アプリケーション(ワード・エクセル) ※
  ●就職指導
 ※


■主な授業内容

 ●医療保険請求事務

  医師の書いたカルテの診療内容から治療費
  の計算、レセプトの作成を学習します。

  ※ 調剤事務→調剤薬局での保健請求事務です
  ※ 介護事務→老人福祉施設での保健請求事務です

 ●秘書学

  実社会で役立つ接遇マナー、言葉遣い等の
  実践を行い、秘書検定準1級の取得を目指
  します

 ●基礎医学

  病院で働く上で必要とされる解剖学、生理
  学、医療用語や薬の作用などを学びます

 ●病院実務実習

  実践的な技能、知識を習得するためのもの
  で、医療機関で働く者の心構えを身につけ
  ます

■目標取得資格

医療秘書技能検定1級~3級
(医療秘書教育全国協議会)


医療事務技能審査試験2級メディカルクラーク
(厚生労働財人許可 日本医療教育財団)


医事コンピューター技能検定準1~3級
(医療秘書教育全国協議会)

調剤報酬請求事務専門士1級~2級
(調剤報酬請求事務専門士協会)


秘書技能検定1級~3級
(文部科学省認定実務検定協会)

介護事務管理士技能認定試験
(技能認定振興協会)


訪問介護員
(三重県)

福祉用具専門相談員
(厚生労働省指定)


手話技能検定1級~7級
(NPO手話技能検定協会)


ビジネス点字検定3級
(日本ビジネス点字検定協会)

福祉住環境コーディネーター1~3級
(東京商工会議所)

その他取得可能な資格
 ビジネス文書技能検定
 ビジネス能力検定
 各種アプリケーションソフト検定
 (WORD、EXCEL)
 簿記検定



Copyright © 2009 SOC All Rights Reserved